男性の心理
大人気セクシー女優、百合川さらが教える彼に愛されるためのHOW to sex 大全集(動画)

浮気や不倫をする男性の心理

浮気や不倫をする男性の心理の裏には共通点があると言います。まず幼少期のトラウマが原因のケース、現在のストレスが原因となっているケールです。複数の女性と浮気をする男性の多くは幼少時代の強い孤独感を引きずっていることが多く他人からの愛情に飢えています。それは「捨てられたくない」と「いつかは見捨てられる」という2つの不安が混在しているのです。一人になることに強い恐怖感があり、浮気や不倫をしても恋人や妻と別れることは考えられません。こうした男性は、自分をさらけだすことが出来ずパートナーと心から愛を育むことができないのです。強い愛情を欲しがり続けると同時に、自分は愛される価値の無い人間だと自分自身を責めてしまっていることもあります。いつかは見捨てられるという不安が拭い切れなければ、心の安定を得る事ができないでしょう。このような男性の心理は「愛している」より「捨てないで欲しい」という感情が強いと言えます。
また、浮気や不倫という行動に移る男性の大部分が「パートナーからの愛を失った」と感じている時だと言います。男性は苦しみや悩みといったストレスを感じると、アルコール、ギャンブル、スポーツ、仕事に没頭することで解決できると短絡的に考えてしまうのですが、とくに心の傷は根本的な解決になることはありません。そして心の傷を癒すことができない時、愛を失ったことが問題なら、また愛を見つければ問題が解決すると短絡的に考えてしまいます。浮気や不倫をしてしまう男性の多くが、心の傷を癒す方法を知らない、または出来ない人なのです。仕事を辞めたいと感じたときや、妻の妊娠している時など、ストレスを感じる男性は浮気や不倫に走る傾向が強くなります。